paisley

しがない梅原さんヲタクの殴り書き

推しが応援しろと言うのなら


防衛部、終わってしまいました。

 

正確には「びんぼう」が終わったのではなく「ちぶらぶ」が終わったのですが、
自分的には一旦「びんぼう」の終わりかなと思っているのでこう表記します。

 

先日、美男高校地球防衛部LOVE!FINAL!に参加して参りました。

 

推しさんの登壇は無い予定でしたが、
少なくともビデオメッセージはあるだろうと信じて、
また、推しさんがいなくても「ちぶらぶ」が大好きなので、と参加を決めました。

 

2017年11月10日。
色々な記念すべき日と並んで、
悲しきかな、恐らく一生涯忘れる事は無いだろう日です。

 

FINALが告知され、同時に推しさんの名前だけ記載が無く、絶望しました。
ツイでだいぶ荒れてました。翌朝いくつかツイ消しした事を覚えています。

前にここでも、あーだこーだ書き殴っていました。

 

入場前にフォロワーさんと生放送の推しさん見ながら
「うわ~~~、推しが元気に動いてる~~」なんて逃避してました。

来なかった時の反動が怖かったので自己防衛の為、
口では「来てくれ~」とは言いつつ、あまり期待しないようにしていました。

なんなら登壇しないあてつけに、と推しさんの缶バッジとキャラの両面痛バを持って参戦しました。(身バレしそう)

 

でも、来てくれました。
爆音のソロ曲と派手なライティングを背負って、「千葉から来ました」と駆け付けで。

 

信じ切れていなくて、ごめんなさい。推しさん。

 

泣きました。成人した大人が、嗚咽を上げて泣きました。
なんなら、推しさんが来る前から普通に泣いてたけど、
この時がマックス……でもないわ。推しさんの挨拶でもっと泣いた。
歌っている時、歌い終わった後、最後の挨拶、壇上に防衛部の5人だけになった時、
そして、終演後。凄く、たくさん泣きました。

 

きっと同じ熱量を、後続作品に向ける事は、出来ない。
だって単純。推しさんはもう、そこにいないから。

 

作品が好き、なのも「あの」愛の王位継承者である防衛部の、「あの」5人あっての事。

 

だけど、推しさんが「これからも続く作品を応援して下さい」なんて言うから。
同じように、とまでは出来なくても、ひとまず目を背けずに作品を見ようと決めました。

 

推しは宗教。
流石に自分で自分が哀れになりつつも、仕方ない。


でも一旦、区切りとして、私の中での「防衛部」は、終わってしまいました。

愛を、ありがとう。わんわん泣いて、泣いた後に拭います。座長がそう言ってくれたから。
あの言葉に救われた防衛部オタク、きっとたくさんいたんだろうなぁ。

 

 

他の男にときめいた

昨日の話。
先に言います。別に推し変とかじゃないです。
そして更に言います。長いです。

 

ついに防衛部FINALの出演者欄から「and more」の文字が消えました。
同日の別現場のイベントが先行して発表されたので来ないだろうな~とは
もう腹を括っていましたが、結構心に来ますね。

 

いや~~~、推しさんも事務所も別現場側の作品も防衛部も、
別に誰にも非が無いからしんどいんですよね~~~~
(戦犯は出られないメインキャストがいる日にFINALを決行した防衛部…
と思ったけど、もう前日くらいしか他のキャスト含めて
イベント的に空いてる日があんまり無い。会場の都合もあるだろうしな~~~)

 

1週前はたろりずむだし、1週後はSideM仙台公演に僕声~~~
2月頭はSideM幕張で3月頭は学ベビ2週目増田さんお誕生日おめでとう~~~
皆さん売れていらっしゃる~~~ありがとうございます……
防衛部クンの若手発掘力…先見の目有り過ぎでしょ……
(後は「各キャスト名 イベント」で検索してEVENTER NOTE見てくれよな。)

 

作品オタクの僕は駆け付けしてくれたらいいな~と思いつつ、
声豚の僕は事故ったら怖いから無茶なスケジュール敢行しないで~とも思う。
なんという二律背反。はい。

 

閑話休題


ようやく、11月10日から封印していたパンドラの箱を開いて、防衛部の曲を聞きました。
シャッフルで流れたら飛ばして、Aメロだけでも泣きそうになっていたパンドラの箱


ただの通勤中の思い付きと衝動です。
強いて言うならTwitterに溢れたCGライブのキラキラした感想に感化されました。

 

曲目を一巡して、1曲目は凪いだ風の交差点を選びました。
後はシャッフルなので機械の気まぐれ任せです。

 

「凪いだ風の交差点」


とてつもなく良い曲なんですよね。

「あの角を曲がった先 長い階段の下で “おはよう”と交わしたなら 今日の始まり」
「けんかしてた一日は 誰かのせいだったけど “ごめん”とちゃんと言うから 終わりにしよう」
「失くせはしない絆 また結び直そう」

作品を濃縮して、どの部分を切り取っても二人の情景を想起させてくれる。
特に2番。完全主観的個人的に1期で1番の神回である8話の二人のすれ違いを
完璧に表現して下さっている。聴いてたら脳内PVは8話の高速早送り映像。

 

アウトロを聴きながら帰宅したら絶対8話見る……と誓っていたら流れ出しました曲がこちら。


「Boys Go Straight」


防衛部には神曲しかない。
でもこれは、ほんとうにほんとうに、最強の曲。

「終わりはないさ ゴールが来ても」
「一人でじゃ来れなかった だからこそ もっと」
「笑い声はいつの間に声援になってた 僕らのままでさあ 行こう」
「何度だって立ち上がって 大きな夢を描こう」

コピペして引用しようと思ったけど、全部が良い歌詞過ぎて……
なんとか4か所に絞りましたが、本当に良すぎるので歌詞カード見てください。

久し振りに聞いて、凄く救われました。
FINALというある種のゴールへのカウントダウンが始まっています。
愛の王位継承者達が大好きで、大好きすぎて、続編に対して
えも言われぬ心境で続報に怯えています。
でも、終わりではないのだと、愛を、肯定された気がします。

 

そして16年11月6日のあの日。
謎の開演40分押しが起きたラブラブライブ
和臣さんが「声援」ではなく、「歓声」と歌ったのはミスだったのか故意だったのか。
どちらにしても神の采配だと思わんばかりです。完璧完全無敵の座長。

何もかも自分のエゴで本位だとは分かっていますが、許して欲しい。

はい、既に泣いていました。地下鉄の中で泣いていました。


Boys Go Straightはずる過ぎる。
でも私の相棒(プレイヤー)の気まぐれは、今日はそういう気分だったのだろう。

 

「心と心で」


イントロが始まった瞬間震えました。
いや、待って。Please wait.
プレイヤークンは待ってくれません。(動揺しすぎて一時停止を押せなかった。)

 

作品最後の曲が、ほんとうにヤバい曲で楽曲組の方々に感謝感謝です。

 

「なにもしなくても 楽しいと思えた それは当たり前じゃないと 知らなかった」
「桜が舞う中 立ち止まったっていいのさ 今までの日々 大事に仕舞う 愛で包んで」
「寂しいなんて思わないのさ 愛でつながっているから」

これも、凄く救われました。
「立ち止まったっていいのさ 今までの日々 大事に仕舞う」


次々と展開が為される中、やっぱりあの5人が特別です。
作品として彼ら5人を見る事が少なくなっても各人のラジオやニコ生、イベントでゲストに来たり話題に上がる度に沸き立ちます。

もう、「今までの日々」が始まったあの日から、丸三年が経ったのです。
15年1月。ニコ動で初めて1話を見たあの時はこんなに大事な物にとは思っていませんでした。
でもごめんなさい。寂しいなんて、思うに決まっているじゃないですか。

 

祭で2期が発表されるまで、それすらも夢物語だと思っていました。
遠征はまだしていない頃だったので、Twitter
自分のTLはもちろん盛り上がってるけど、現実問題非常にニッチでマイナーな作品でした。

 

原画ばら撒きや各イベントシリアルの為に積んでるオタクが沢山いました。
私も円盤を自力で買い揃えたのは防衛部が初めてでした。
微々たる物だとは思うけれど、愛を繋げるその一端になれたのだととても嬉しくなりました。

 

でもどんどん欲が出てきてしまいました。
「せめて2期をやってほしい」「2期やるなんて夢みたいだ」と思っていたはずなのに、
2期放送が終わったら、3期をやって欲しくなって、FINALなんて止めてくれと叫んでる。

何も言われずにフェードアウトされる事だって少なくない深夜アニメで、
しっかりと作品にお別れをさせてくれるんだから。

本当に色々な感情が綯い交ぜになったまま、「心と心で」を聞き終わりました。
仕事に行く前になんという惨状。地下鉄を降りて歩きながら普通に泣いてます。


「Baby Baby Sweet Baby!!」

 

ここでBBSBくる~~~?!?!?!?!
思わず吹き出しました。
この瞬間だけは思わずざおりゅの夢女子になりました。
「泣くな、笑えよな!」って言われている気分になりました。

脳裏にはバッチリウィンクをキメてるざおりゅと
円盤で何度も見たキレッキレの少しダサいダンスをしている増田さんが交互に浮かんでいました。

忙しいようですが、特別に相手をして頂きました。
はい、ここでようやくタイトル回収です。ざおりゅにときめきました。

「俺にホの字なら ハートのヤケドに注意しな!」

は~~~い、ヤケド即行で冷やしま~~~す!!!
ごめんなさい、ざおりゅ。知能レベル2だわ、ありがとう大好き。


「我ら正義のカエルラ・アダマス!!」


満を持して(?)の征服部様の電波曲です。好き。
CGライブでは2回しか見てないですけどね、あの、Conquest!の振付はついつい体が動いてしまいますね。防衛部オタクでこの曲嫌いな人いる?いないしょ??って感じ。
この前曲のざおりゅと一緒で「ねぇ、笑おう?」って問いかけてくれていました。

 

* ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ *

 

はい、大変長くなりました。

正直通勤中に流れるレベルで泣いてしまった時は
自分でも引いたし、仕事サボりたくなりました。
でもざおりゅが笑いかけて笑わせてくれたので、
元気にお仕事してきました。8話見ながらこれを書きました。(笑)

あのタイミングで流れたのが究極怠慢主義者じゃなくてよかったなぁ……

ひとまず、ファイナル楽しみですね!!!!!
推しさん、駆けつけ登場してくれ〜〜〜(作品オタクの僕)

諭吉くんさよなら

推しさんがオーディションの時に歌ったのが「涙くんさよなら」だったはず。

 

ありがたい事にSideM3rdの幕張初日、当選しました。
ひょろっとやA3でCD複数買いはした事はありましたが、
可愛い量だったなぁ、と収納箱に連なるReasonの文字の並びを見て笑ってます。
Jupiter担当の方と連番共闘をしていたので当選して本当に良かったなぁ。

 

記録というか備忘録として時系列を追って行こうと思います。


8月22日
→理由生にて、3rd前半メンツ発表
Beit・Jupiter共に倍率地獄になりそうな全員集結の初日のみの出演。
福岡・静岡に祈りを託そうとしつつ、
地方への遠征スケ組むの辛いから幕張初日一点突破の共闘を誓う。
生き抜こう、この戦。

翌日、あまぞんでとりあえず予約。HJ缶欲しかった。
Beitは毎度ゲーマーズなので店舗に行くの面倒くさいなぁと思ってた記憶があります。
アニメイトと同じビルなのにね。

 

余談ながら、別件の雑誌表紙の梅原さんの絵アド高すぎて打ちひしがれてた日でした。

 


8月27日
アニサマ現地でした。HJも推しなので。
SideMのライブ現地が初めてで、幕張への期待が募りました。HJ好きなんです。

 

9月13日
→2nd円盤発売日でした。幕張が自宅に……まだ来てません。
というのも過去の自分(代引き)のせいで死ぬほど金欠だった為、給料日まで引き取りにいけませんでした。
ゲーマーズさんごめんなさい。ありがとう。

 

9月25日
→給料日でした。幕張がようやく我が家に。
この時「今度の2月は、ここで推しを拝むんだぁ……」と運任せなのに自己暗示をかけてました。
スマエンは凄く黙って見た。幕張ィィィィィイイイイイイイ!!!!!!!

 

そしてReason予約はこの時にしたはず。はず。

 

10月7日
→3rdの後半メンツ発表。
やっぱりBeit・Jupiter共に幕張集結の初日のみの出演確定。後、彩も。
そしてPが石川Pだった。ゲイラさん、サスペンダーがよく似合う。

 

11月上旬
→共闘者と「チケット絶対当てる!」と念じる日々。

 

11月10日
→Reason発売記念のお渡し会発表。
推しさんいつもは大体いないのにいた。行きたかった。
当落出てから飛行機押さえる事を考えるとお財布がアレだったので断念。

 

余談ですが、防衛部のファイナル発表がこの日でした。泣いた。
次の日から白井さんのイベントに遠征だった。


11月15日~11月末
→Reasonを受取してはシリアルを入力する日々。
26日(お渡し会シリアル配布最終日)にアニメイトで10枚追いReasonして
しらいさん推しの友達にほぼ全部送った。1枚だけサイン応募した。
友達は当選していました。やったね。

 

12月上旬
→自己暗示祭り開催中。連番者と当たるから、当たるから、とひたすら祈ってた。
描けば当たる、を曲解してお絵かきしてた。楽しかった。
後モバの方で恭二上位イベだったので初めてイベント走った。無事に取れました。
課金。おかげで追い追いReasonが出来ませんでした。

 

12月15日
→いよいよ当落は明日。願掛けも込めて飛行機押さえた。
でもそっとゲーム内先行の仕様チェックした。

 

12月16日
→朝は震えながら目を覚まして震えながら出勤した。


12時半くらいからそわそわしてGMAIL更新しまくってた。
「もう少しで幕張の支払いが出来るようになるぜ~」って言い聞かせてた。

13時になると同時にGMAIL更新したけど良く考えたらメールくるまでにラグあるんだよ。
という訳でクソ重いe+開いて確認しました。
あれって落選分の方が上に表示されるんですね。
落選通知連なっててゲロ吐くかと思ったら最後の最後に当選出ててガチで驚きました。


という訳で、言霊ってあるのかもなぁ……
恭二の誕生日が2日なので幕張で祝えるのが楽しみです。たかぴに期待。

 

準備期間もなんかあったら記録しようと思います。よしなに。

 

*****

12/28 19:15追記

うわ~~~い、福岡に梅原さん抜きのBeit追加きた~~~~!!!

静岡も大輝さん抜きだ~~~~~~~アーツビジョン~~~~~~!!!!!!!!!!

 

過去の推しから貰ったもの

数年前まで、私は鈴木の達央さん推しでした。

勿論今も好きなんですが、活動のリソースを殆ど割けていないので推しを宣言できる程では無いんですよね。


まぁ達央さんのおかげで風呂事情見てたので結局現推しさんに帰結するのが端的に個人的に愉快です。ありがとう達兄さん。


閑話休題


「誰が何と言おうと、俺が何を言おうとこのキャラの声は俺なんだ」

 

ニュアンスです。表現は多分違う。
某水泳アニメのラジオで仰られていました。文字列だけ見るとすごく格好いいんですが、確かこれラジオ中に下ネタ乱発した時にキャラとのギャップが……みたいな流れだったんだよなぁ……うん、聞き返そう。


キャラ声やトーン、若干ぶれたりする事あるじゃないですか。

歌ったら声が違うとか、いつも同じ声とか、あるじゃないですか。

トークパートでクソみたいな事言う時あるじゃないですか。


でもキャラクターと声優さんの「声帯」って、どうしようもなく一緒。


挨拶の時に「~の声帯を担当する……」みたいな風に表現される方もいらっしゃいます。


そりゃあ歌う度、話す度、なんなら長台詞中で声音がコロコロ変わってしまうのであれば流石においおい、ってなります。

でも若干のずれ程度であれば、許容出来るようになったので昔の男(語弊)の言葉には感謝しています。今でも本当に好きです。


棒読み声ブレ上等。上達して、クソ程でっかい衝撃をぶつけてくれる日を楽しみにしながら若手声優さん達を応援しています。

 

ファイナルってなんだろう

私の愛する美男高校地球防衛部LOVE!がついにファイナルと銘打ったイベントを開催いたします。

告知から一か月以上経ちましたが、推しさんだけ出演者欄に追加されません。

麦人さん、杉田さんが追加という続報が出た時は思わず天を仰ぎました。神様なんていない。

 

防衛部は大好きな作品です。

後輩に勧められて見始めて、初任給で一期一巻の円盤と

サインが特典だった写真集を注文した事は今でも鮮明に覚えています。

梅原さんが推しになったのも、この作品が始まりでした。

(初めてお声を聴いたのは風呂事情でした。)

 

一ファンの身勝手な願望・エゴなのはわかっているけれど、

ファイナルにはなんとしても梅原さんにもご登壇頂きたいです。

 

 

ただ、もしかしたら、OVAが終わった時点で彼の中の「防衛部」「由布院煙」は

もう過去の物になっているのかもしれない。

 

ぽつぽつと友達と話していた、そうあって欲しくない仮定です。

  

初めてオーディション掴んだメインキャラ。

初めて歌ったのも、踊ったのも、イベントに参加したのも防衛部だったはずです。

訳も分からずあんなトンチキ衣装を着せられるのも、後にも先にもこれくらいでしょう。

嫌だったかもしれないけれど、それでも今の梅原さんを構成する、

切っても切れない作品だと思っています。

 

もしかすると、防衛部で失った物も沢山あったのかもしれない。

もっと正統派の、「声優」として極めていきたかったのかもしれない。

「よく分からない仕事」なんて、不本意だったかもしれない。

 

でも、それでも、彼の大きな転機だったはずなんだ。

 

閑話休題

 

なーんて乱雑に書きなぐってはみたけれども、

一介のヲタクのただの我儘です。 推しのいるイベントに行きたいだけだよこれ。

 

流石に他の仕事でスケジュールが埋まってたりキープ入ってたり調整中だったり、

そういうやむを得ない状況ではあるだろうと信じてはいます。

推しさんにお仕事があるのはいい事ですし。

まさかオファーすらかけてないってこたぁ無いだろうし、

あのタイミングでのイベント告知って事は、色々大人の事情含めて

ギリギリまで交渉調整検討をしてくれていたんだろうという事を信じています。

 

今の所イベント関係で同日に発表されてるのは無いので、

きっとそろそろ出演者に追加されるはずだろうと淡い期待を抱いて

今日も元気に公式ページでF5連打してます。

 

防衛部クン、ヲタクにしっかりと引導を渡して下さい。よろしくお願いします。

無修正が好きなんですか?いやらしいですね。

 

推しさんこと梅原裕一郎さんはあまり言葉を多く紡ぐ方ではありません。

例のラジオでは割としゃべりますが、ゲスト出演やニコ生等は

結構地蔵と化して、相槌打ったりたまにぶっこんでみたりしている事が多いです。

 

推しの欲目100%なのを承知であえて言おう。

それの何が悪いんでしょうか?

 

仮に10人の人がいて、10人がずっと喋り倒していたら?

やかましくて仕方がないですよね。

緩急です。内容があっさりしている人がいたっていいじゃないか。

 

元より自分のプライベートや心境を話したがらない方です。

昨年11月の某防衛部のライブの時に

「大変だったし、辛いこともあった。」なんて話し出したときは本当に驚きました。

「皆さんの楽しそうな顔を見て、全て報われた。」なんて話したんですよ。夢かよ。

 

本当に、本当にびっくりした。

ここを頑張った、ここの失敗が、ここが良かった、とか、

あまり言わない方で、さらっとさっぱり挨拶するので。

(いや、現場数少ないから知らないだけかもしれないけど。)

 

彼の中ではパフォーマンスが終わった時点で、

自分の役割は終了しているのだと思います。

そこに過剰な添加物を足してお涙頂戴するような人じゃない。

 

というかステージパフォーマンスを自体、本来自分の役割ではないと思っているようで、

CGLIVEを「これが正しいあり方」と評していましたし、

舞台出演は「恥ずかしいので観客で」と即答しておりました。

 

閑話休題

 

sideM・2ndの円盤にて歌詞飛びしていた部分に被せが入っていたようで、

「そういうライブ感も醍醐味だから修正しないで欲しかった」「修正入るからMCで言及しなかったんだ」という意見を見かけました。

そういう考え方もあるかもしれないし、よくいう「アイマスらしさ」なのかもしれない。

 

でも、悪趣味だと思います。いやらしいですね。

 

想像してみてください。

大きなステージの上で失敗している自分の映像が無制限に流布されている所を。

軽率にトラウマものですよ。いやらしいですね。

例えば小さい頃の発表会のビデオとか、見るの辛くないですか?

多分それ以上だと思いますよ。いやらしいですね。

 

言及云々は、そのままライブ音源で収録された別現場で音外しまくった時もしてなかったし、

逆に昼の部にとちった1stの時は明言はせずともふんわり触れていました。

その時々のたまたまです。多分。

 

MCパートも、彼の倍くらい尺を使って話している方もいらっしゃいました

泣いている方も大勢いらっしゃいました。

推しさんがそっち側にいったら……鬱病か引退の疑惑が生まれるなぁ……

 

そういうライブ感も醍醐味だ派の方々はライブで、生で見てください。鮮度ばっちりです。

 

無修正が悪いとは言いません。

でも修正している事を悪とはしないでください。

いやらしいですね。

 

X Lied

ツキプロ。のSQシリーズのソロシリーズ・「X Lied」1~3が絶賛発売中です。

 

はい。ようやく推しの番です。

9/29 vol.4が発売です。

試聴動画……やばいです。

https://youtu.be/N1WTYThWADo

 

全人類聞いて。何も言わなくていいからとりあえず聞いて。

 

梅原裕一郎さんありがとう!!人生が潤ってます!!!!!

西山宏太朗さんもありがとう!!今回の歌、世界一可愛いよ!!!!!

 

聞いてください。お願いします。